ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 風しんワクチン予防接種費用の助成について

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

風しんワクチン予防接種費用の助成について

全国的に風しんの流行し、一時期のピークは過ぎましたが、引き続き注意が必要です。特に、妊娠初期の女性が風しんにかかると、赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある、発達がゆっくりしているなど「先天性風しん症候群」という病気にかかってしまうことがあります。

そこで、平成29年4月1日接種分から下記のとおり風しんワクチン予防接種の接種費用の一部を助成します。

  • 平成29年3月31日以前の接種分は対象外です。
  • 抗体検査を受けた結果、抗体価が低いことが明らかな場合は、過去に助成を受けた方でも申請いただけます。ただし、検査結果を持参してください。

 

接種を受ける方へのお願い

予防接種は自らの意思で行うものであり、副反応の心配もあります。

そこで、接種の必要性を風しん抗体検査で調べることをおすすめします。

風しん抗体検査は医療機関で行うもので、抗体価が低い場合は、予防接種が必要と判断されます。

(抗体検査の費用は実費負担)

初めてのお子さんをご希望の女性は、愛知県の抗体検査助成制度の対象となる場合があります。

詳しくは江南保健所(TEL0587-56-2157)にお問い合わせください。

対象者

  • 妊娠を予定又は希望している女性
  • 上記の夫

注意:妊娠中の女性の方は、接種できません。また、風しんにかかったことがある方は除きます。

助成額

接種費用の2分の1(上限は5,000円)

ただし、住民税非課税世帯及び生活保護世帯の方は接種費用の全額が助成されます。保健センターにご連絡ください。

接種方法

医療機関による個別接種になります。

助成方法

償還払い(払い戻し)になります。下記のとおり接種をしてください。

1.かかりつけの医療機関に予防接種の予約をする。

医療機関の指定はありませんので、あらかじめご予約のうえお出かけください。

2.医療機関で接種し、接種費用を支払う。

接種費用については、医療機関で異なります。

領収書に被接種者氏名、接種日、接種したワクチン名、接種費用額、医療機関名が記載されているか必ずご確認ください。

3.保健センターに助成申請書を提出する。

身分を証明するもの、領収書(原本)、印鑑、通帳を持参してください。保健センターにて助成申請書をご記入いただきます。

事前に風しん抗体検査を受けた方は結果をお持ちください。

行事等で保健センターの駐車場が混雑する場合があります。お手数ですが、事前に来所日時をご連絡いただきますようご協力お願いいたします。

助成受付期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

 

 

お問い合わせ

介護健康課保健センターグループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字柏森字中切254

電話番号:0587-93-8300