ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 新型コロナウイルスワクチン接種証明書について

ここから本文です。

更新日:2021年12月20日

新型コロナウイルスワクチン接種証明書アプリのダウンロードについて(令和3年12月20日現在)

「新型コロナウイルスワクチン接種証明書(以下「接種証明書」という。通称:ワクチンパスポート)」のデジタル化・国内利用が12月20日(月)から始まりました。
接種証明書は、用途により「日本国内用」と「海外用及び日本国内用」が申請できます。
発行を希望される方は、下記のとおり申請してください。

対象者

扶桑町発行の接種券を利用して新型コロナワクチンの接種を受けた方で、予防接種証明書の発行を希望される方。

必要なもの

  1. スマートフォン(iOS13.7以降もしくはAndroid8.0以降。マイナンバーカードが読み取れるNFC Type B対応端末)
  2. 専用アプリ(新型コロナワクチン接種証明書アプリ)
    ※スマートフォンをご利用の方は下記URLからダウンロードすることができます。

  iPhoneをご利用の方

  新型コロナワクチン接種証明書アプリ(App Storeウェブサイト)(外部サイトへリンク)

  Android をご利用の方

  新型コロナワクチン接種証明書アプリ:(Google Playウェブサイト)(外部サイトへリンク)

  1. マイナンバーカード(個人番号カード)
    ※マイナンバーカードの取得方法については、下記リンク先をご確認ください。

     マイナンバーカードの申請方法

  1. 券面事項入力補助用暗証番号(マイナンバーカード受け取りの際に設定した4桁の数字)
  2. 【海外用のみ】旅券(パスポート)

※アプリの動作環境、利用方法など詳しくは、デジタル庁ホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

「新型コロナウイルスワクチン接種証明書」が12月20日から新しくなります(令和3年12月13日現在)

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(アプリ)申請について

「新型コロナウイルスワクチン接種証明書(以下「接種証明書」という。通称:ワクチンパスポート)」が12月20日(月)から新しくなる予定です。新しくなった後は、スマートフォン上の専用アプリから申請いただけるようになり(※)、スマートフォン上で二次元コード付き接種証明書(電子版)が発行されます。

書面による接種証明書についても、新しくなった後も引き続き、保健センター及び役場介護健康課の窓口で申請いただけます。偽造防止の観点から、接種証明書には二次元コードが記載されます。

(※)スマートフォン上での申請にあたり、マイナンバーカードによる本人確認が必要となります。専用アプリの詳しい取得方法等は追って掲載いたします。

接種証明書の概要や利用の流れについては厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

新型コロナウイルスワクチン接種証明書(書面)申請の変更点について

  • 従来の海外用に加えて、主に日本国内での利用を想定した日本国内用の接種証明書も申請いただけるようになります。
  • 書面の接種証明書の発行をご希望の方は、日本国内用と海外用の2種類から選択いただけます。ご希望の証明書により、ご準備いただく書類が異なりますのでご注意ください。
  • 証明書の様式変更に伴い、12月20日(月)からは下記の申請書をご利用ください。
  接種証明書(日本国内用) 接種証明書(海外用及び日本国内用)

必要書類

  1. 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(PDF:64KB)
  2. 接種済証または接種記録書
  3. 本人確認書類

 

  1. 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(PDF:64KB)
  2. 接種済証または接種記録書
  3. 旅券(有効期限が切れていないもの)

 

 ※日本国内での利用については、接種済証や接種記録書も従来通りご利用いただけます。

 ※海外用証明書は、日本国内用の証明書も兼ねています。

12月20日以前の申請についてはこちらをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

介護健康課保健センターグループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字柏森字中切254

電話番号:0587-93-8300