ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て > 保育園 > 保育料の「寡婦(夫)控除等みなし適用」のご案内

ここから本文です。

更新日:2018年10月1日

保育料の「寡婦(夫)控除等みなし適用」のご案内

 ひとり親家庭のうち、死別、離婚によるひとり親家庭の方は、市町村民税及び所得税の寡婦(夫)控除等の対象となる一方で、未婚のひとり親家庭については、寡婦(夫)控除等の対象外となっており、同じ所得額等であっても税額に差が生じ、市町村民税を算定基準とする保育料についても差が生じる場合があります。このような状況を解消するため、扶桑町では未婚のひとり親家庭に対し、寡婦(夫)に該当するものとみなし、保育料を算定します。

対象者

 新制度の給付対象施設・事業(保育所、幼稚園、認定こども園、家庭的保育事業等)を利用し、所得を計算する年の12月31日において、①~④のすべてをみたす方

①婚姻をしたことがなく、現在も婚姻状態にない母又は父であり、生計を同じくする20歳未満の子がいる人

②①の子は、総所得金額等38万円以下で、ほかの人の控除対象配偶者や扶養親族となっている人

③父の場合は、合計所得金額500万円以下の人

④事実上の婚姻関係(内縁関係等)にないこと

※生活保護受給者、非課税の方は対象外です。

※離婚等の方で寡婦(夫)控除を受けていない方は、確定申告により税額が変更した場合、保育料を再算定します。(みなし適用は対象外です)

申請方法

 福祉児童課へ以下の書類を提出ください。

①保育料等寡婦(夫)控除等みなし適用申請書

②申請者の所得証明書(合計所得がわかるもの)

 (ただし、4~8月分保育料は前年1月1日現在、9~3月分保育料は今年1月1日現在、扶桑町にお住いの方は不要です)

 

保育料の「寡婦(夫)控除等みなし適用」のご案内(PDF:207KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉児童課児童福祉グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111