ホーム > 防災・防犯 > 防犯・交通安全 > 令和2年度限定で、ペダルの踏み間違い事故を抑制する装置の取付けに補助金を交付します

ここから本文です。

更新日:2020年5月25日

令和2年度限定で、ペダルの踏み間違い事故を抑制する装置の取付けに補助金を交付します

扶桑町では、自家用車に後付けで取り付ける「安全運転支援装置」の設置費用の一部を、6月1日(月曜日)から補助します。

補助を受けるためには、自家用車に取り付ける前に、総務課から補助金の交付決定を受ける必要がありますので、事前に総務課で手続きしてください。

ただし、令和2年4月1日から令和2年5月31日までの間に、すでに取り付けられた方は、遡及適用して補助を受けることができる場合がありますので、総務課にご相談ください。

補助対象者

次の要件を全て満たす方で、補助は一人につき1回限りとなります。

  • 令和3年3月31日時点で65歳以上の方
  • 扶桑町に住所を有する方
  • 有効な運転免許証を保持する方

補助対象車両

自家用車

自動車検査証上の「使用者の氏名又は名称」に記載されている氏名と、運転免許証に記載されている氏名が同一である自家用車が対象となります。

ただし、身体障害者等の方で、自動車税又は軽自動車税が減免されており、自動車の使用者と運転される方が異なる場合は、総務課にご相談ください。

補助受付期間

この補助金は、令和2年度限定事業であり、令和3年3月31日までに事業を完了する必要があるため、総務課での交付申請の受付期限を令和3年2月1日(月曜日)とします。

また、総務課への補助金交付請求書の提出期限は、設置後30日以内又は令和3年2月26日(金曜日)までとしますので、ご注意ください。

補助対象装置

愛知県内の事業所での取付けが対象です。

障害物検知機能付きペダル踏み間違い急発進等抑制装置

補助上限額は32,000円

アクセルを急激に踏み込んだときに、急発進を抑制します。また、センサーにより前方や後方の障害物を検知し、光や音で警告する装置です。

トヨタ自動車とダイハツ工業のディーラーで取り扱っている次の2装置が該当します。

 

踏み間違い加速抑制システム(トヨタ自動車での取扱装置)

ペダル踏み間違い時加速抑制装置「つくつく防止」(ダイハツ工業での取扱装置)

ただし、取付け可能な車種が限られていますので、使用している自家用車に取り付けることができるかどうかは、各ディーラーにお問い合わせください。

ペダル踏み間違い急発進等抑制装置

補助上限額は16,000円

アクセルを急激に踏み込んだときに、急発進を抑制する装置です。ただし、障害物を検知する機能は付いていません。

カーショップや自動車整備工場で取り扱っている次の4装置が該当します。

どの装置も、自動車メーカーを問わず多くの車種に取り付けることが可能ですので、取扱店にお問い合わせください。

 

S-DRIVE誤発進防止システム2(普通車用・軽自動車用)(サン自動車工業製)

扶桑町内では、沢木電機(斎藤字山添)で取り扱っています。町外では、主にイエローハットで取り扱っています。

JARWA_S-DRIVE(SD0102S、SD0104S)(日本自動車車体補修協会製)

扶桑町の高義自動車(高雄字郷東)で取り扱っています。

ペダルの見張り番Ⅱ(データシステム製)

オートバックスで取り扱っています。

アクセル見守り隊(データシステム製)

主にジェームスで取り扱っています。

 

どの装置も、国土交通省の性能認定を受けています。

認定を受けた後付け安全運転支援装置(国土交通省ホームページ)(外部サイトへリンク)

後付け装置に係るご案内(一般社団法人次世代自動車振興センターホームページ)(外部サイトへリンク)

補助金の額

装置の購入及び取付けに要する費用の5分の4に相当する額(1,000円未満切捨て)

補助金の申請から交付までの流れ

装置の取扱店で装置の説明や見積もり等について事前相談してください。

相談後、装置の購入及び取付けに要する費用の見積書の発行を依頼してください。

町から補助金の交付決定を受けるまでは、装置の購入や設置をしないでください。

ただし、令和2年4月1日から令和2年5月31日までの間に取り付けた方は、遡及適用ができる場合がありますので、総務課にご相談ください。

総務課に次の書類を提出してください

  1.  補助金交付申請書(様式第1)
  2.  自動車検査証の写し
  3.  運転免許証の写し
  4.  装置の購入及び設置に要する費用の見積書の写し(取扱店が発行したもの)

総務課で審査後、「交付決定通知書(様式第2)」に併せて「完了実績報告書(様式第3)」と「安全運転支援装置販売・設置証明書(様式第4)」の白紙をご自宅に送付します。

交付決定には、1か月程度かかる場合があります。

交付決定後に取扱店で取付け後、精算してください

総務課から送付した「安全運転支援装置販売・設置証明書(様式第4)」への記載を取扱店に依頼してください。

受け取った領収書に内訳明細が記載されているかどうかを確認してください。別紙の納品書等に内訳明細が記載されている場合は、納品書等の写しも総務課に提出してください。

総務課に次の書類を提出してください

  1.  完了実績報告書(様式第3)
  2. 取扱店で記載された安全運転支援装置販売・設置証明書(様式第4)
  3. 取扱店が発行し、内訳明細のある領収書の写し

設置後30日以内又は令和3年2月26日のいずれか早い日までに提出してください。

総務課で審査後、交付額の確定通知書(様式第5)と交付請求書(様式第6)をご自宅に送付します。

総務課に補助金交付請求書を提出してください

  1. 交付請求書(様式第6)
  2. 振込先の口座通帳の表紙等の写し(金融機関名、口座番号及び名義人が分かるもの)

受理した後、指定の口座に補助金を振り込みます。

振り込みまでには、1か月程度かかります。

手続きに必要となる「補助金交付申請書(様式第1)」、「完了実績報告書(様式第3)」、「安全運転支援装置販売・設置証明書(様式第4)」、「交付請求書(様式第6)」は、このホームページからもダウンロードすることができますので、ご利用ください。

資料・様式

扶桑町高齢者後付安全運転支援装置設置促進補助金交付要綱(PDF:157KB)

チラシ(PDF:204KB)

扶桑町高齢者後付安全運転支援装置設置促進補助金交付申請書・誓約書兼同意書(様式第1)(PDF:143KB)

完了実績報告書(様式第3)(PDF:56KB)

安全運転支援装置販売・設置証明書(様式第4)(PDF:77KB)

扶桑町高齢者後付安全運転支援装置設置促進補助金交付請求書(様式第6)(PDF:63KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務課総務グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111