ホーム > 暮らし > 個人番号制度(マイナンバー)に伴う手続き > 住民基本台帳カードに格納する公的個人認証サービスの電子証明書の発行(更新)業務終了のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2016年4月6日

住民基本台帳カードに格納する公的個人認証サービスの電子証明書の発行(更新)業務終了のお知らせ

平成28年1月から個人番号カードの交付が始まったことにより、今までの住民基本台帳カード(以下「住基カード」)の発行及び住基カードに格納する公的個人認証サービスの電子証明書の発行は平成27年12月末をもって終了しました。

♦公的個人認証サービスの電子証明書とは・・・

住基カードのICチップに「電子証明書」を格納することにより、自宅や職場等のパソコンから行政手続きができる制度です。

 

公的個人認証サービスを利用している方へ

住基カードに格納している公的個人認証サービスの電子証明書は有効期限までご利用いただけますが、平成28年1月以降につきましては、住基カードを発行することはできませんので、新たに個人番号カードを取得して、個人番号カードに電子証明書を格納することになります。(※1)

 

ご注意!

平成28年1月から交付開始の個人番号カード及び新しい公的個人認証サービスの電子証明書は、制度上、即日交付ができませんので、確定申告を控えている時期に有効期限を迎える方は、注意をしてください。個人番号カードを多くの方が申請された場合、交付のご案内・お手元に届くまでに2週間から数ヶ月程度かかることが予想されますので、ご利用になる時点で交付が間に合わないことも考えられます。ご理解のうえ、個人番号カードの申請をお願いします。

つきましては、余裕をもって個人番号カードを申請していただくか、確定申告申請期間中に電子証明書の有効期限が切れる方は、電子証明書が失効する前に確定申告を行ってください。

 

(※1)住基カードから個人番号カードに切り替えをした場合、住基カードに格納されている電子証明書を個人番号カードに移すことはできません。

お問い合わせ

住民課住基戸籍グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111