ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 介護保険について > 介護予防・日常生活支援総合事業

ここから本文です。

更新日:2019年9月19日

介護予防・日常生活支援総合事業について 

 

介護予防・日常生活支援総合事業の概要

介護予防・日常生活支援総合事業は、市町村が中心となって、地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実することで、地域の支え合いの体制づくりを推進し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援等を可能とすることを目指すものです。

扶桑町では、要支援認定を受けた方と基本チェックリストにより生活機能に低下が見られる65歳以上の方を対象とした「介護予防・生活支援サービス事業」と、65歳以上の方全般を対象とした「一般介護予防事業」を実施します。

介護保険事業所による既存のサービスに加えて、NPO、民間企業、ボランティア等の多様な主体により高齢者を支援するとともに、高齢者自身も支え手側にまわり介護予防を推進します。

 gaiyou

 

介護予防・日常生活支援総合事業の内容

  • 介護予防・生活支援サービス事業

2906gaiyo

※「基準型訪問介護サービス」及び「基準型通所介護サービス」は、従来の予防給付(訪問介護・通所介護)と同等のサービスを提供します。

「訪問型サービス」及び「通所型サービス」の利用者負担は、予防給付と同様に所得等に応じて1割、2割又は3割の負担となります。

※令和元年10月1日からの介護予防・生活支援サービス事業の報酬単位を改定しました。

    改定内容については ↓ こちらでご確認ください。

 介護予防・生活支援サービス事業報酬単位改定について

 

 

  • 一般介護予防事業

naiyou2

一般介護予防事業についての利用者負担はございません。

ただし、食費・テキスト代等の実費相当の負担をいただく場合がございます。

 

サービス利用の流れ

 

nagare2

(※)要介護認定が非該当の場合は、介護予防・生活支援サービス(事業対象者に該当する場合に利用可)、一般介護予防事業の利用ができます。

 

 

 

お問い合わせ

介護健康課介護グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111