ここから本文です。

更新日:2013年1月11日

町の花と木

町の花

ひまわり

キク科の一年草。ひまわり
北アメリカ原産。茎には剛毛を生じ、高さ2メートルに達する。
夏、直径20センチメートルもの大形の黄色い頭花を開く。
観賞用とし、また種子から食用油をとる。
太陽を追って花がまわるという俗説があるが、実際にはほとんど動かない。
園芸品種がある。
日輪草。
ひぐるま。
<季語-夏>

(広辞苑)

 

 

 

町の木

かし


ブナ科コナラ属の常緑高木の一群の総称。
かし
暖地に多く、日本では中部以南に約10種ある。
晩春から初夏に小花を密生した穂をつけ、雌花と雄花とがある。
果実は「どんぐり」。材は堅く、器具材その他として重要。
シラカシ・アラカシ・ウラジロガシなど。
かしのき。

(広辞苑)
 
 

お問い合わせ

政策調整課政策調整グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111