ホーム > よくある質問 > 住民票・戸籍・印鑑登録に関すること

ここから本文です。

更新日:2020年11月5日

住民票・戸籍・印鑑登録に関すること

質問

窓口の受付時間は何時から何時までですか。

回答

平日の午前8時30分から午後5時15分です。出生・死亡・婚姻などの戸籍の届出については、土曜・日曜・祝休日も宿直が受け付けています。

なお、毎月第1・第3水曜日(祝日・年末年始を除く)は、午後7時まで窓口の受付時間を延長しています。

窓口延長で受付する業務

  • 住民票の写しの交付
  • 戸籍謄抄本等の交付
  • 戸籍附票の写しの交付
  • 印鑑登録と印鑑登録証明書の交付

 

 

※住所異動(転入・転出・転居)、マイナンバーカード(個人番号カード)に関する手続き及び公的個人認証サービスにかかる電子証明の申請・発行は取り扱っておりませんのでご注意ください。

※住民課住基グループの業務については、「住民課(行政機構図内)」をご覧ください。

質問
印鑑の登録をしたいのですが。
回答

本人による登録で顔写真付き身分証明書をお持ちの場合

役場開庁時間(平日午前8時30分から午後5時15分)に、登録する印鑑と運転免許証など顔写真付きの公的な身分証明書をお持ちいただき、住民課窓口において印鑑登録の申請を行ってください。ご本人様が顔写真付きの公的な身分証明書をお持ちいただいた場合は、印鑑登録証が即日発行されますので、そのまま印鑑登録証明書をお取りいただくことができます。

本人による登録で顔写真付き身分証明書をお持ちでない場合

役場開庁時間(平日午前8時30分から午後5時15分)に、登録する印鑑と健康保険証などの身分証明書2点をお持ちいただき、住民課窓口において印鑑登録の申請を行ってください。登録申請をされると、役場からご本人様宛に郵便で照会文書を送付しますので、照会文書が届きましたら、同封の回答書と健康保険証などの身分証明書2点をお持ちいただき、役場開庁時間(平日午前8時30分から午後5時15分)に、印鑑登録証を受け取りにお越しください。ご本人様でも顔写真付きの公的な身分証明書をお持ちでない場合は、印鑑登録証は即日発行されませんので、印鑑登録証明書も印鑑登録証を受領してからの発行となります。

代理人による登録の場合

役場開庁時間(平日午前8時30分から午後5時15分)に登録される方の委任状と登録する印鑑と代理人の方の身分証明書(顔写真付き身分証明書をお持ちでない場合は、健康保険証などの身分証明書2点)をお持ちいただき、住民課窓口において印鑑登録の申請を行ってください。登録申請をされると、役場から印鑑登録をされるご本人様宛に郵便で照会文書を送付します。照会文書が届きましたら、同封の回答書と運転免許証など顔写真付きの公的な身分証明書、顔写真付き身分証明書をお持ちでない場合は、健康保険証などの身分証明書2点(登録者本人と代理人の方の両方)をお持ちいただき、役場開庁時間(平日午前8時30分から午後5時15分)に、印鑑登録証の受け取りにお越しください。印鑑登録証明書は印鑑登録証を受領してからの発行となります。なお、扶桑町ホームページから委任状をダウンロードできますのでご利用ください。

http://www.town.fuso.lg.jp/jyuki/shinsesho/juminka.html

質問
印鑑登録証明書を取得したいのですが。
回答

印鑑登録証明書の発行については、「印鑑登録と印鑑登録証明書」をご覧ください。

質問
印鑑登録や印鑑登録証明書は土曜・日曜・祝休日でもできますか。
回答

土曜・日曜・祝休日に印鑑登録や印鑑登録証明書の発行はできませんので、平日の窓口受付時間にお願いします。なお、第1、第3水曜日(祝日・年末年始を除く)は、午後7時まで印鑑登録と印鑑登録証明書の発行をしていますのでご利用ください。

質問
印鑑登録証(カード)がなくても印鑑登録証明書は取れますか。
回答

印鑑登録証がなければ印鑑登録証明書はお取りいただけません。ご本人が登録されている印鑑をお持ちになられても印鑑登録証がないと取れません。印鑑登録証を紛失された場合は、印鑑登録紛失届と再度印鑑登録の手続きをし、印鑑登録証を交付されてからでないと印鑑登録証明書はお取りいただけません。印鑑登録については上記質問の『印鑑の登録をしたいのですが。』の回答を参照してください。

質問
住民票の写しが必要ですが、本人でなくても取得できますか。
回答

住民票の写しの取得については、「住民票等・戸籍謄抄本等の証明書」をご覧ください。

 

質問
住民票の写しの取得は土曜・日曜・休日でもできますか。
回答
住民票の写しに限り、予約された方については土曜・日曜・祝休日でも交付します。平日の午前8時30分から午後5時15分の間に住民課まで「住民票の写し発行の予約」とお電話ください。お電話でご予約いただくと、土曜・日曜・祝休日の午前8時30分から午後5時15分の間に宿直室にてご予約いただいた住民票の写しをお渡しします。ただし、予約で発行できる住民票の写しは本人または同一世帯員のもので、委任状による代理の方への予約発行はできません。
質問
私の戸籍謄抄本はどのように取ればいいですか。
回答

戸籍謄抄本は、本籍地でのみ取ることができます。本籍地が扶桑町の方であれば本人確認できるもの(免許証・パスポートなど顔写真付き身分証明書、顔写真付き身分証明書をお持ちでない方は健康保険証や年金手帳など本人確認できるもの2点)をお持ちいただき、窓口で申請してください。本籍地が扶桑町でない場合は、本籍地の役所で申請してください。なお、郵送で請求することもできますのでご利用ください。

 

 

※戸籍謄抄本等の発行については、「住民票等・戸籍謄抄本等の証明書」をご覧ください。

※戸籍謄抄本等の郵送請求については、「戸籍謄抄本等の郵送請求」をご覧ください。

 

質問
住民票の写し等や印鑑登録証明書、戸籍謄抄本等の有効期限はどのくらいですか。
回答

住民票の写し等や印鑑証明書、戸籍謄抄本等の有効期限は、発行元ではなく、提出先での判断となります。提出先にご確認ください。

 

質問
休日に婚姻届を提出する予定です。一緒に転入もできますか。
回答

転入や転出など住所の変更は土曜・日曜・祝休日はできませんので、婚姻届を提出される前または提出された後の平日午前8時30分から午後5時15分の間に手続きをしてください。なお、提出された後に転入や転出などの住所変更をされる場合で、婚姻届を提出先と住所変更の手続き先が違う場合は「婚姻届の受理証明書」が必要となる場合があります。

質問
勝手に離婚届を出されないか心配です。どうしたらいいですか。
回答
離婚届の「不受理申出」をすることができます。必ず申出される本人が、本人確認できる免許証・パスポートなど顔写真付き身分証明書と印鑑を持参して、本籍地で役場開庁時間内(午前8時30分から午後5時15分)に手続きしてください。なお、本籍地が遠方の方は、住所地でも同様に手続きができます。また、「不受理申出」は離婚届・養子縁組届・養子離縁届についても同様です。
質問
扶桑町に住所を変更したのですが、本籍が前の住所のままです。本籍も変えたいのですが、どういう手続きが必要ですか。
回答

住所を変更されても本籍地は変わりません。本籍地を変えるためには「転籍届」という戸籍の届出が必要です。現在の戸籍謄本を添えて、現在の本籍地または新しい本籍地で転籍の手続きをしてください。

質問
旅券(パスポート)の申請に必要な書類は何ですか。
回答

戸籍謄抄本が必要です。本籍地で戸籍謄抄本を取得してください。ただし、有効期限内に新たな旅券を申請されるなど旅券申請についての詳細は、愛知県旅券センター(052-563-0236)にご確認ください。なお、役場玄関ロビーに旅券申請のご案内と旅券申請書がありますのでご自由にお持ちください。

 

 

※戸籍謄抄本等の発行については、「住民票等・戸籍謄抄本等の証明書」をご覧ください。

※戸籍謄抄本等の郵送での請求については、「戸籍謄抄本等の郵送請求」をご覧ください。

お問い合わせ

住民課住基戸籍グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111

お問い合わせフォームをご利用に際して、緊急を要する場合は、直接担当課までお電話にてお問い合わせください。なお、役場は土曜日・日曜日・祝祭日は閉庁のため、ご回答が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。