ホーム > よくある質問 > 安全・安心(道路・公園・災害・建築確認)

ここから本文です。

更新日:2017年11月24日

安全・安心(道路・公園・災害・建築確認)

質問

交通安全施設(道路の照明灯・カーブミラー等)が故障したらどうすればいいですか。

回答

担当課:土木課(管理グループ)

道路の照明灯が点灯しないといった場合、該当する施設が町道にある場合は、照明灯についている番号を土木課までご連絡ください。プレート番号がわからない場合は、所在地や目印になるような建物などを教えてください。修繕完了には2週間ほど時間が必要です。なお、該当する施設が県道にある場合は一宮建設事務所(Tel0586-72-1411)、国道にある場合は名古屋国道事務所(Tel0568-31-7181)が対応します。道路の区分がわからない場合には、ひとまず土木課までご連絡ください。

 

また、カーブミラー・ガードレール等の破損を見つけた時は、該当する施設の管理者に届けていただく必要があります。ひとまず土木課まで状況をご連絡ください。

質問

道路・側溝等の修繕についてどこに言えばいいですか。

回答

担当課:土木課(工務グループ)

道路上の穴(破損)をみつけた場合、町道は土木課が、県道は一宮建設事務所(Tel0586-72-1411)、国道は名古屋国道事務所(Tel0568-31-7181)が対応します。道路の区分がわからない場合は土木課までご連絡ください。なお、国道での異常は道路緊急ダイヤル(#9910)をご利用ください。また、中部「道の相談室」(Tel0120-106-497)でも受けています。

 

また、側溝の破損をみつけた場合についても同様です。それぞれの窓口へ状況をご連絡ください。

質問

下水道への接続をしたいですがどうすればいいですか。

回答

 担当課:都市整備課(下水道グループ)

公共下水道への接続は供用開始から汲み取り便所を使用している方は3年以内、浄化槽(合併含む)を使用している方は1年以内に接続をお願いします。接続するには私費で宅地内の配管を工事(排水設備工事)していただきます。この排水設備工事は、町の指定を受けた扶桑町排水設備指定工事店でないとできません。

 

扶桑町排水設備指定工事店一覧及び排水設備工事の流れについては当HP内『下水道排水設備工事店について』『下水道への接続について』をご覧ください。

質問

下水道使用料について教えてください。

回答

担当課:都市整備課(下水道グループ)

下水道使用料は上水道料金と同時に同じ方法で納めていただきます。基本的に2ヶ月ごとの納付となります。例として上水道を2ヶ月で50立米使用した場合の料金は4,698円(消費税及び地方消費税額含まない)となります。

下水道使用料のくわしい金額計算については当HP内の『下水道使用料について』をご覧ください。

質問

公園の遊具が壊れそうですが。

回答

 担当課:都市整備課(都市計画グループ)

各都市公園及び木曽川扶桑緑地公園の遊具については安全点検・修繕を実施していますが、故障等お気づきの点がありましたら都市整備課までご連絡ください。

 

質問

災害時の避難場所を教えて。

回答

担当課:総務課(総務グループ)

扶桑町では指定緊急避難場所を19カ所、指定避難所を13カ所、広域避難場所を7カ所指定しています。
住所については「避難所一覧」→「扶桑町指定緊急避難場所、避難所、広域避難場所一覧」をご覧ください。

 

質問

消火栓の位置について教えてください。

回答

担当課:総務課(総務グループ)

消火栓は、現在、扶桑町内には、163基設置されています。
また、消火栓と同様に「いざ」という時に使用する水の溜め升「防火水槽」があります。
扶桑町内には、222基設置されています。
有事の際、「消火栓」「防火水槽」がすぐに使用できるように、水取り口の上や周囲に車を駐車しないよう、みなさんのご理解とご協力をおねがいします。
なお、詳しい消火栓等の位置については、「総合案内」→「地図情報」→「扶桑町多目的マップ」→「防災情報」をご覧ください。

 

質問

普通救命講習会に参加したいのですが。

回答

担当課:総務課(総務グループ)

丹羽消防署で、月に1回、定期救命講習を実施しています。
またグループ単位での参加も受け付けしています。
救命講習とは、心肺蘇生法(胸骨圧迫、人工呼吸)やAED(除細動器)の取扱い等を学べる3時間の講習会です。
詳しくは、丹羽消防署 救急担当 0587-95-5151 へお問い合わせください。

 

質問
市街化区域、市街化調整区域とはなんですか。
回答

 担当課:都市整備課(都市計画グループ)

市街化区域とは「既に市街地を形成している区域」 および 「おおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域」 で、用途地域が定められています。
一方、市街化調整区域とは市街化を抑制するための区域です。基本的に建築物は許可なく建てることはできません。

 

質問

用途地域とはなんですか。

回答

 担当課:都市整備課(都市計画グループ)

市街地の土地利用を住居系・商業系・工業系などに分類したもので、用途地域によって建物の種類、建ぺい率、容積率などが定められています。町内の用途地域は都市整備課で確認することができます。

 

質問

都市計画図の購入について教えて。

回答

 担当課:都市整備課(都市計画グループ)

都市計画図は都市整備課窓口で販売しております。
都市計画図(1/10,000)は用途入り250円、白図200円です。1/2,500の都市計画図はA3サイズで1枚100円で出力します。
郵送での購入を希望される方は返信用封筒(切手貼付)と郵便小為替を同封してください。

 

質問

既存宅地とはなんですか。

回答

 担当課:都市整備課(都市計画グループ)

扶桑町が市街化区域・市街化調整区域に分けられたのが昭和45年11月24日で、それ以前から地目が宅地の土地を既存宅地といいます。

 

質問

市街化調整区域の土地の購入を考えています。建築の条件に「要資格者」とあるが、どのような資格が必要ですか。

回答

 担当課:都市整備課(都市計画グループ)

住宅であれば、例えば市街化調整区域決定(昭和45年11月24日)前から市街化調整区域に住んでいる農家等の二・三男が分家する場合が考えられます。詳しくは都市整備課までお問い合わせください。

 

質問

セットバックとはどの様なときに必要になりますか。

回答

 担当課:都市整備課(都市計画グループ)

建築敷地に接する道路はすべて幅員4m以上になるようにしなければなりません。4m未満の道路に接している場合は、道路の中心線から2m下がって建築することになります。塀や石垣も建てることはできません。ただし、現況の幅員が1.8m未満の場合など、セットバックの必要のない道路もありますので、建築の際は都市整備課で確認をしてください。

 

お問い合わせ

政策調整課政策調整グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111

上記の問い合わせ先「政策調整課政策調整グループ」はホームページ全般に関する担当課です。
質問内容に関するお問い合わせは、各担当課もしくは回答内にあります問い合わせ先へお願いいたします。