ホーム > 暮らし > 税金 > 納税方法 > 納税義務者が亡くなったら

ここから本文です。

更新日:2017年12月21日

納税義務者が亡くなったら

亡くなられた方が下記に該当する場合は手続きが必要です。

固定資産を持っている方

登記の手続きは、相続人にて行ってください。(土地・建物の相続登記≪名古屋法務局:外部サイトへリンク≫)

翌年の1月1日までに登記がされない場合は相続人代表を定めてください。

亡くなった方の口座から振替をされている場合は口座振替依頼書により停止の手続きをしてください。(町税等の口座振替について)

軽自動車を持っている方

廃車や名義人変更を相続人にて行ってください。

4月1日までに廃車の手続きを行ってないと引き続き課税されます。

亡くなった方の口座から振替をされている場合は口座振替依頼書により停止の手続きをしてください。(町税等の口座振替について)

町県民税

相続人代表を定めてください。

亡くなった方の口座から振替をされている場合は口座振替依頼書により停止の手続きをしてください。(町税等の口座振替について)

お問い合わせ

税務課収納グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111