ホーム > 町政情報 > 町の概要 > 行政機構図 > 総務課 > 空家等対策について > 扶桑町空家の有効活用による住民活動団体事業拠点改修費補助金について

ここから本文です。

更新日:2021年4月9日

扶桑町空家の有効活用による住民活動団体事業拠点改修費補助金について

令和3年度から、空家の有効活用の促進及び住民活動による共同の推進を目的として、「扶桑町空家の有効活用による住民活動団体事業拠点改修費補助金」を実施します。

補助の要件として、地域の活性化につながる住民活動を10年継続していただく必要があります。

対象となる住宅

・町内に存する1年以上使用されていない空き家で、2分の1以上が居住の用に供されていたものであること。ただし、空き家が長屋又は共同住宅の場合は、全戸において1年以上使用されていないものであること。

・過去にこの補助金の交付を受けていない建築物であること。

・建築基準法、消防法その他の関連する法令等に適合している建築物であること。

・未登記の建築物でないこと。

 

対象となる工事

・台所、洗面所またはガス設備の改修

・給排水、電気、空調又はガス設備の改修

・屋根、外壁等の外装の改修

・壁紙、床の仕上げ等の内装その他造作の改修

・建築物のバリアフリー改修

補助金額

上限40万円(対象経費の3分の2)

なお、補助金額に1,000円未満の端数があるときは切り捨てた額とします。

申請書類等

扶桑町空家の有効活用による住民活動団体事業拠点改修費補助金要綱(PDF:152KB)

扶桑町空家の有効活用による住民活動団体事業拠点改修費補助金様式(ワード:54KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務課総務グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111