ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症について > フードドライブの開催について(令和2年5月7日より開催中)

ここから本文です。

更新日:2020年6月18日

フードドライブ開催について

「もったいない」から「ありがとう」へ!!フードドライブにご協力ください

近年において全国で問題となっている「食品ロス」の削減と食品の有効活用のため、あわせて福祉を後押しすることを目的として、フードドライブを開催します。
フードドライブとは、家庭で眠っている不要な食品を寄付してもらい、フードバンクを通じ、様々な理由で食に困っている方々に提供する活動です。
新型コロナウイルス感染症関連の影響によりお困りの方々にも提供しています。

開催期間

令和2年5月7日(木曜日)から

※土日祝日を除く

受付場所及び時間

  • 扶桑町社会福祉協議会事務局(福祉センター2階)の窓口
  • 扶桑町役場 産業環境課・福祉児童課

午前8時30分から午後5時15分まで

集める食品の種類

缶詰、インスタント食品、レトルト食品、お米(白米、玄米、アルファ米)、パスタ、調味料(醤油、味噌、砂糖、食用油)、コーヒー、お茶など

※特にお米が喜ばれます。

集める食品の条件

  • 賞味期限が明記され、1か月以上期限が残っているもの
  • 未開封のもの(外装が壊れていても個別包装は可)
  • 常温保存できるもの(生鮮食品、冷凍・冷蔵食品でないもの)
  • お米は開封されていても袋やタッパーなどに入っていれば可
  • アルコールが入っていないもの

問い合わせ先

フードドライブに関して詳しくは、

社会福祉協議会(0587-93-4300)にお問い合わせいただくか、
社会福祉協議会ホームページ「フードドライブ募集について」(外部サイトへリンク)

をご覧ください。