ホーム > まち・環境 > 下水道 > 下水道事業 > 下水道事業経営戦略

ここから本文です。

更新日:2021年3月8日

下水道事業経営戦略

扶桑町の公共下水道事業は、平成9年度に事業計画に着手し、平成19年度より供用開始を行っております。本町の下水道普及率は、全体計画区域673haに対して、248ha(令和元年度末)の整備状況であり、これからさらに下水道の整備を進めて行く必要があります。一方で、人口減少や節水意識の向上で汚水量の伸びが鈍化することも予測されることから、これまでの整備により増大した資産をいかに維持し、持続可能な事業であり続けるかが重要な課題です。

このような状況のなか、「第5次扶桑町総合計画」(平成30年3月策定)を踏まえ、快適な生活環境を保持するとともに、収支バランスのとれた健全な下水道経営を持続するために、「扶桑町下水道事業経営戦略」を策定しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備課下水道グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111