ホーム > まち・環境 > 下水道 > 下水道事業 > 住民説明会でよくある質問

ここから本文です。

更新日:2016年2月29日

住民説明会でよくある質問

取付管説明会(10月頃開催)及び供用開始説明会(2月頃開催)でよくある質問を掲載します。

 

Q:取付管申請書の提出は宅地のみでいいですか

A:宅地のみの提出で構いません。宅地以外でも建設予定があれば提出してください。

 

Q:取付管は1箇所しか設置できませんか

A:原則1箇所でお願いします。2箇所目の設置は自己負担となります。ただし、土地の面積や利用状況により2箇所まで町費で施工可能な場合もありますので、都市整備課までご相談ください。

 

Q:取付管の位置を決める際、宅内排水設備の工事費用を安くしたいので事前に指定工事店に相談してもいいですか

A:指定工事店に相談していただいてもいいですし、都市整備課職員に相談していただいても構いません。

 

Q:取付管設置後、位置を変更できませんか

A:位置の変更は可能ですが、工事費については自己負担となります。

 

Q:供用開始後の接続率はどのくらいですか

A:1年目で約30%、2年目で約50%、3年目で約60%で推移しています。

 

Q:下水道使用料の支払い方法は

A:水道料金と同時に同じ方法で納めていただきます。水道料金と下水道使用料の納付を別々にすることはできません。

 

Q:受益者負担金の金額と支払い時期は

A:土地の面積1平方メートルあたり400円です。供用開始後の4月上旬に受益者申告書を発送し、7月に納付書を郵送します。

 

Q:受益者負担金の1平方メートルあたり400円という金額の算定根拠は

A:平成10年度から整備しています下水道工事の建設費用を整備面積で割って算出しています。平成18年5月に行われた町臨時議会において決定しています。

 

Q:受益者負担金の前納報奨金の割引を受けるにはいつまでに納付すればいいですか

A:第1期の納期限である7月31日までに一括全納していただくと総額の最高16.5%、1年全納していただくと1年分の最高2.1%の割引を受けることができます。

 

Q:農地・山林は受益者負担金の対象になりますか

A:原則として受益者負担金の対象になります。

 

Q:下水道に接続しない場合でも受益者負担金は賦課されますか

A:下水道が使用できる区域になれば、下水道に接続しなくても受益者負担金は賦課されます。

お問い合わせ

都市整備課下水道グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111