ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 成人男性を対象とした風しんの抗体検査・予防接種(風しんの追加的対策)について

ここから本文です。

更新日:2019年7月1日

成人男性を対象とした風しんの抗体検査・予防接種(風しんの追加的対策)について

 

風しんの予防接種は、現在予防接種法に基づき公的に行われています。しかし公的な予防接種を受ける機会のなかった40歳代から50歳代の男性は、他の年代に比べると風しんの抗体を持つ人の割合が少ないため、令和4年3月までの期間に限り定期予防接種を実施することになりました。しかし、この年代の人の中でも約8割の人は抗体をもっているため、まず抗体検査を実施し、抗体が少ない人に予防接種を実施します。

風しんは成人が感染すると症状が重くなったり、妊娠初期の妊婦が感染した場合には胎児が風しんウイルスに感染して、「先天性風しん症候群」の赤ちゃんが生まれる確率が高くなります。風しんの感染防止や先天性風しん症候群の予防のために、緊急に対策が必要です。対象の方はぜひお受けください。

対象者

 

扶桑町に住民票がある、昭和37年4月2日生まれから昭和54年4月1日生まれまでの男性

対象者には無料で受けられるクーポン券を発行します。

クーポン券発送時期

  1. 昭和47年4月2日生まれから昭和54年4月1日生まれの男性:令和元年5月末発送済
  2. 昭和37年4月2日生まれから昭和47年4月1日生まれの男性:令和2年度以降発送予定

上記2の対象者の中で、家族に妊娠をご希望の女性がいる方など早期に実施したい方は保健センターまでご連絡ください。

抗体検査・予防接種の流れ

  1. 扶桑町から無料クーポンを受け取る。
  2. 抗体検査実施医療機関で抗体検査を実施する。健診の機会を利用して実施することも可能な場合もあります。※受けられる際は、ご希望の医療機関やお勤め先にお問い合わせの上、実施してください。
  3. 抗体検査の結果を聞き、抗体が少ない場合は定期予防接種の対象となります。
  4. 予防接種実施医療機関に予約をし、予防接種を受ける。

抗体検査・予防接種の際に必要なもの

  1. 扶桑町発行のクーポン券
  2. 本人確認資料運転免許証、マイナンバーカード等
  3. 抗体検査で「予防接種が必要」と判断された結果表(予防接種を受けるときのみ)

実施医療機関

この風疹の追加的対策に協力している医療機関であれば、全国どこでも受けることが可能です。

扶桑町・大口町・犬山市・江南市の医療機関(PDF:156KB)

他の市町村での実施をご希望の方は下記厚生労働省のホームページに全国の可能な医療機関の一覧が掲載されていますのでご確認ください。

風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ内)(外部サイトへリンク)

実施期間

令和元年4月から令和4年3月

ただし、クーポン券の有効期限は各年度ごとになっています。期限が切れた場合は保健センターまでご連絡ください。

費用

無料。

クーポン券持参に限ります。

注意事項

扶桑町が発行したクーポン券は、ご利用の際に扶桑町から転出されていると使用できません。その際は転出先で再度発行してもらってください。

詳しくはお問い合わせください。保健センターの事業等で混雑している場合があります。お越しになる前に保健センターにご連絡ください。

風しん関連記事

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

介護健康課保健センターグループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字柏森字中切254

電話番号:0587-93-8300

お問い合わせフォームをご利用に際して、緊急を要する場合は、直接担当課までお電話にてお問い合わせください。なお、役場は土曜日・日曜日・祝祭日は閉庁のため、ご回答が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。