ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 予防接種 > 予防接種健康被害救済制度について

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

予防接種健康被害救済制度について

予防接種法に基づく定期の予防接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障が出るような障害を残すなどの健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく補償を受けることができます。
詳しい制度の内容については以下のページをご覧ください。

予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ内)(外部サイトへリンク)

予防接種法に基づかない接種(任意接種)で健康被害を受けた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済を受けることになりますが、予防接種法と比べて救済の対象、給付額等が異なります。詳しい制度の内容についての問い合わせは以下のページをご覧ください。

救済制度相談窓口(独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページ内)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

介護健康課保健センターグループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字柏森字中切254

電話番号:0587-93-8300