ホーム > 暮らし > 医療費助成 > 精神障害者医療助成について

ここから本文です。

更新日:2019年4月12日

精神障害者医療助成について

精神障害者の方が医療を受けるとき、保険対象医療費の自己負担分を助成する制度です。

対象となる方

通院

害者自立支援法による自立支援医療受給者証(精神通院)または、精神障害者保健福祉手帳1級・2級をお持ちの方

入院

神障害(アルコール・毒物中毒などをのぞく)にかかわる入院治療で医師の診断書などで証明を受けた方

  • 精神障害者保健福祉手帳1級・2級の方は全額助成
  • その他の方は半額助成 (平成31年4月入院分より全額)

ただし、ご本人が生活保護を受けている場合は助成を受けられません。

障害者医療受給者の配偶者が18歳以下の子どもを扶養しているときは、配偶者とその子どもは母子・父子家庭医療費の助成を受けられる場合があります。

後期高齢者医療制度による医療受給者の方は、この助成は受けられません。

手続きに必要なもの

健康保険証、症状により精神障害者保健福祉手帳や診断書、自立支援医療受給者証(精神通院)などが必要です。

愛知県外で受診された場合は、いったん医療機関の窓口で医療費をお支払いいただき、後日(月まとめで)役場住民課の窓口で医療費請求の手続きをおこなってください。

お持ちいただくもの

  1. 領収書
  2. 印かん
  3. 振込口座番号がわかるもの
  4. 健康保険証
  5. 精神障害者医療費受給者証

入院について高額医療費に該当するときは、支給決定通知書の写しもお持ちください。

お問い合わせ

住民課保険医療グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111