一般不妊治療費助成

ページ番号1001901  更新日 2022年2月25日

印刷大きな文字で印刷

一般不妊治療費助成の申請受付を行っております。

子どもを生み育てたいという希望を持ちながら不妊治療を受けている夫婦への支援として、ホルモン療法や人工授精などの「一般不妊治療費」への助成を開始しております。

また、国の不妊治療助成拡大の方針から、本町においても助成対象者の見直しを行いました。

対象者

不妊症と診断され、一般不妊治療を受けた戸籍上の夫婦(事実婚を含む)

*対象者の見直しにより、所得制限はありません。

助成額

一般不妊治療に要した自己負担額の2分1相当額、1年度当たりの上限額は5万円で通算2年

一般不妊治療費助成についての手続き等詳しくは保健センターにお問い合わせください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康推進課(保健センター)
〒480-0103 愛知県丹羽郡扶桑町大字柏森字中切254
電話番号:0587-93-8300 ファクス番号:0587-93-6700
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。