ここから本文です。

更新日:2020年7月28日

扶桑町持続化給付金について

新型コロナウイルス感染症の拡大により、営業自粛等大きな影響を受けた町内事業者のうち、国の持続化給付金制度の対象外となる事業者に対して、扶桑町持続化給付金を交付します。

給付金の概要

給付金の対象者

法人
  • 扶桑町内に本社、本店等主たる事業所を置いている法人
  • 扶桑町の租税公課の滞納がない法人
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う影響を受け、売上が前年同月比でマイナス30%以上50%未満となる月のある法人
個人事業者
  • 主に扶桑町内で事業を行っている個人事業主(フリーランスを含む。)
  • 扶桑町の租税公課の滞納がない方
  • 令和2年4月10日以前から引き続いて住民登録のある方
  • 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う影響を受け、売上が前年同月比でマイナス30%以上50%未満となる月のある方

※給付金の対象となる主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者等も含みます。

いずれの場合も、国の実施する持続化給付金事業の給付を受けた方、扶桑町高収益作物次期作支援交付金を受けた方は補助の対象外となります。

給付額

昨年1年間からの売上減少分※を上限として、法人20万円、個人事業者10万円

※計算方法は次のとおり

前年の総売上(事業収入)‐(前年同月比でマイナス30%以上50%未満の月の売上×12)(1,000円未満切捨て)

注意事項

  • 国が実施する「持続化給付金」の申請・給付を受けた事業者は申請できません。扶桑町持続化給付金を受け取った後、業況悪化等により国の持続化給付金の給付を受けた場合は、扶桑町持続化給付金の返還が必要となります。
  • 1事業者につき、申請は1回限りとします。
  • 宗教活動や政治活動等、給付金の趣旨・目的に照らして適当でないと判断した場合は対象になりません。

申請について

申請期間

令和3年2月1日まで

申請方法

以下の書類をご用意、ご記入いただき扶桑町役場の産業環境課へご提出ください。

  1. 扶桑町持続化給付金交付申請書(請求書)(様式第1)
  2. 扶桑町持続化給付金の申請に関する誓約書(様式第2)
  3. 対象月の属する事業年度の直前の事業年度の年間事業収入が確認できるもの(2019年又は2018年の確定申告書等の写し) ※1
  4. 令和2年の対象とする月(対象月)の売上台帳等
  5. 振込先口座が分かる書類
  6. 本人確認書類の写し ※2

※1 青色申告の場合 確定申告書第1表(1枚)、所得税青色申告決算書(2枚)

   白色申告の場合 確定申告書第1表(1枚)、収支内訳書

   申告の控えには税務署の収受印が押されていること。なお、受付印がない場合は、以下の申告書一式を

   提出していください。法人…「法人税申告書の別表(全て)、法人税事業概況説明書」/個人…青色申告

   の場合「確定申告書B第1表・第2表・青色申告決算書」 白色申告の場合「確定申告書B第1表・第2表・

   収支内訳書」

※2 法人の場合 登記事項証明書の写しなど

   個人の場合 運転免許証(両面)、マイナンバーカード、写真付き住民基本台帳カード、在留カード、

            特別永住者証明書又は外国人登録証明書(両面)のいずれかの写し(申請時に有効な

            ものに限ります。)

            上記がない場合は住民票の写し及びパスポート(顔写真のページ)又は各種健康保険

            証(両面)のいずれか

扶桑町 による審査完了後、適当と認められる場合は申請者に対して交付額を通知するとともに、指定口座に補助金を振り込みます。不交付の場合は、申請者に対して不交付決定通知をお送りします。

申請書のダウンロード

扶桑町持続化給付金交付申請書(請求書)(様式第1)(PDF:108KB)

扶桑町持続化給付金の申請に関する誓約書(様式第2)(ワード:33KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業環境課産業グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111