ホーム > まち・環境 > 環境 > 高病原性鳥インフルエンザ検出(岐阜県各務原市)について

ここから本文です。

更新日:2017年3月3日

高病原性鳥インフルエンザ検出(岐阜県各務原市)について

平成29年2月24日に岐阜県各務原市にて回収された死亡野鳥のハヤブサ1羽が高病原性鳥インフルエンザであることが確認されました。現在、扶桑町が「野鳥監視重点区域」に指定されています。

外傷なく同じ場所でたくさんの野鳥が死亡しているなど不審な事例がありましたら、速やかに尾張県民事務所環境保全課(TEL:052-961-7211)、または役場産業環境課(TEL:0587-93-1111)にご連絡ください。

 

※鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方では、ヒトに感染しないと考えられています。
正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いします。

お問い合わせ

産業環境課産業グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111