ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 町の災害対策 > 木造個人住宅耐震診断・耐震改修費助成制度

ここから本文です。

更新日:2017年4月4日

木造住宅耐震診断・耐震改修費助成制度

木造住宅の無料耐震診断

木造住宅の「無料耐震診断」事業を実施しています。

この診断は、昭和56年以前の旧建築基準で建てられた木造住宅に対し専門家による無料の耐震診断を行い、正確な住宅の耐震性能の評価と総合的判断に基づく情報提供を行うものです。大地震は、いつ起こるかわかりません。一度、お宅の耐震診断を受けられることをお勧めします。

対象となる住宅

旧基準木造住宅(昭和56年5月31日以前に着工された在来軸組構法または伝統構法の住宅)

対象者

対象となる木造住宅の所有者

申込み

総務課で随時受付を行っております。申込用紙に記入していただくだけですので印鑑等は不要です。

木造住宅耐震改修費補助事業

木造住宅耐震改修費補助事業を実施しています。

この事業は、旧基準木造住宅(昭和56年5月31日以前に着工された在来軸組構法または伝統構法の住宅)の耐震改修工事を行う方に対し、その工事に要する費用を補助することによって、地震発生時における木造住宅の倒壊等による災害を防止することを目的としています。

対象となる住宅

旧基準の木造住宅で、扶桑町が実施している「無料耐震診断」の結果、判定値が1.0未満、および(一財)愛知県建築住宅センターが実施する住宅耐震(現地)診断において、得点が80点未満のもの

補助対象となる工事

地震に対する安全性の向上を目的として実施する補強工事を含む改修工事で、判定値を1.0以上となる耐震改修工事(ただし、1.0未満と診断された階別方向別上部構造評点を判定値に0.3加算をした数値以上とするものに限る)

補助金額

平成29年度は、上限が90万円の補助となります。

扶桑町木造住宅耐震改修費補助金交付要綱(外部サイトへリンク)

段階的耐震改修工事・耐震シェルター設置工事

平成25年度より段階的耐震改修工事や耐震シェルター設置工事にも一定の要件を満たせば補助金の交付となる場合がありますので役場総務課までご相談下さい。

扶桑町木造住宅段階的耐震改修費補助金交付要綱(外部サイトへリンク)

扶桑町木造住宅耐震シェルター整備事業費補助金交付要綱(外部サイトへリンク)

その他

補助金交付決定前の着工や契約された工事は対象外ですのでご注意下さい。

お問い合わせ

総務課総務グループ

愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330

電話番号:0587-93-1111

お問い合わせフォームをご利用に際して、緊急を要する場合は、直接担当課までお電話にてお問い合わせください。なお、役場は土曜日・日曜日・祝祭日は閉庁のため、ご回答が遅れる場合がございますので、あらかじめご了承ください。