扶桑町制施行70周年記念事業基本方針

ページ番号1003142  更新日 2022年3月25日

印刷大きな文字で印刷

扶桑町制施行70周年記念事業基本方針

はじめに

本町は、昭和27年8月1日の町制施行の後、令和4年8月1日に町制施行70周年という大きな節目を迎えるにあたり、 記念事業実施にあたっての基本的な考え方を以下にまとめる。

基本理念について

まちの将来像である「みんなの笑顔が かがやくまち 扶桑町」を目指して、あらゆる世代の住民総参加の場を提供し、住民と行政がともに知恵を絞り、また、力を合わせることで、笑顔と活力に満ちたまちづくりの契機とし、誰もが誇れるまち扶桑の創造を目的とする。

基本方針について

  • シビックプライドの醸成

町民の誰もが扶桑愛 (まちへの愛着)を語ることができ、また、町民一人一人が扶桑プライド(町民としての誇り)を持てる契機となる事業とする。

  • タウンプロモーションの推進

本事業を機に、扶桑町の魅力発信を今まで以上に積極的に行うことで、町民一人一人への新たな扶桑愛の創出や町内外多くの方々からのファンベース確立を図る。

  • 次世代への継承

先人達が築き上げてきた扶桑町の礎を、町民みんな一丸となって創意工夫のもと、更に磨きをかけ、未来を担う子どもたちに対し、自信を持って継承する契機とする。

70周年ロゴマーク

70周年記念キャッチフレーズ

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部政策調整課政策調整グループ
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330
電話番号:0587-93-1111 ファクス番号:0587-93-2034
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。