子ども医療費の助成

ページ番号1001943  更新日 2022年6月23日

印刷大きな文字で印刷

子どもが医療を受けるとき、健康保険で対象となる医療費の自己負担分を助成する制度です。

対象

中学3年生までの子供の入院、通院
令和4年9月診療分から、対象年齢を18歳到達年度末までに拡大します。
新規対象者の方には、交付申請書を発送しておりますので、お手続きをお願いします。
新しい受給者証は、8月中旬頃に発送します。

手続きに必要なもの

  • 出生届、転入届を届出された後、「子ども医療費受給者証」を交付します。健康保険証をお持ちください。医療機関の窓口に健康保険証と受給者証を提示していただくと、県内ではおおむね窓口で現金を支払う必要はありません。
  • 子ども医療費受給者証をお持ちの方で、愛知県外で受診された時は、いったん医療機関の窓口で医療費をお支払いいただき、後日(月まとめで)役場住民課の窓口で、医療費請求の手続きを行ってください。

お持ちいただくもの

  1. 領収書
  2. 振込口座番号がわかるもの
  3. 健康保険証
  4. 子ども医療費受給者証

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部住民課保険医療グループ
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字天道330
電話番号:0587-93-1111 ファクス番号:0587-93-2034
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。