日本脳炎予防接種において積極的な勧奨差し控えにより接種できなかった方へ

ページ番号1001916  更新日 2022年4月1日

印刷大きな文字で印刷

日本脳炎予防接種は、副反応の問題があり、積極的な勧奨を差し控えていましたが、現在予防接種を再開しております。

平成19年4月1日生まれまでの方で、積極的な勧奨差し控えにより接種機会を逃した方が20歳未満までの間、残りの回数分を特例措置として、接種可能になります。

平成15年4月2日~平成17年4月1日生まれの方で第2期が未接種の方へは、再度個別通知いたします。

また、平成19年4月2日~平成21年10月1日に生まれた方で、平成22年3月31日までに日本脳炎予防接種の第1期が終了していない方は、9歳から13歳未満の間に第1期の残りの回数分が接種可能になります。

予防接種をご希望の方で予防接種予診票をお持ちでない方は、母子健康手帳をお持ちになり、保健センターで交付の手続きをお願いします。

(予防接種予診票の交付手続きの際は、事前に保健センターまでご連絡ください。)

予防接種予診票(特例措置分)をお持ちの方は、医療機関へ予約し接種してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康推進課(保健センター)
〒480-0103 愛知県丹羽郡扶桑町大字柏森字中切254
電話番号:0587-93-8300 ファクス番号:0587-93-6700
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。